« ウクレレ見せる収納 | Main | 頑固な手首への言い訳 »

素振り500回

ウクレレとの出会いから1ヶ月が過ぎました。
まだまだ少ないながらもコードを覚えてきたところですが、
左手でコードをおさえるだけでは音楽にならないのですね。
右手で正確なリズム(もしくは気持ちのよいリズム)
を刻む必要がありそうですが、
これが思っていたよりずっと難しいです、私にとって。
リズム感は無い方ではないと根拠なしの自信を持つも、
なかなかどうして思う様に規則正しく弦を鳴らせません。
無意識のうちにピッチが上がったり下がったり。
自分で自分に悪酔いしそうです。
きちんと右手の動きもコントロールできるようになるには、
ストローク練習をする必要があるのでしょうね、きっと。

これからはバットやラケットの素振りのつもりで
曲を弾く前の日課にしてみるつもりでいます。

|

« ウクレレ見せる収納 | Main | 頑固な手首への言い訳 »

Comments

こんばんは~。
弦を均一にならすというのは、難しいですよ!
私もまだまだ出来ません。時々爪引っ掛かったりするしぃ。
そうそう、右手の爪は人それぞれですが、私は短くしてま~す。
あとは、柔らかな手首がポイントですね。

ピッチが上がったり下がったりは、ウクレレの性質上仕方ないところがあると思いますぅ。
それと、左手の押さえ加減(力の入れ具合とか、フレット内の位置)によっても、ピッチが変わったりしますので、その辺探ってみるのも良いですよ~。

実は、私の一番最初のウクレレは、どうしても3弦のピッチが合わなくて(←よくあるらしい)それが新しいウクレレを買うきっかけになりました。

Posted by: かっこ | 2004.03.23 11:27 PM

はじめまして
うくれれを始めて2年程度の音楽初心者です。
今月ようやくウクレレのホームページも立ち上げました。

ウクレレ始めて1ヶ月ですか。いま面白い時期ですよね。
弾き方がうまくなるのには、やはりうまい人の演奏を間近に見ることだと思います。夏の琵琶湖ウクレレ合宿ではジェイク・シマブクロをゲストに呼んだんですが、目の前(なんと1.5m!)で凄い演奏を見させてもらいました。

ストロークのコツは腕を振らずに手首の回転で弦を素早く叩くことです。
あと、4拍だと2拍目と4拍目を強く弾くとリズム感が出てそれだけで楽しくなりますよ。

Posted by: かわべ | 2004.03.24 12:29 AM

>かっこさん
コメントありがとうございます!
爪の長さは好みで大丈夫なんですか?それならば基本的に深爪好きなので心置きなく短くできます。ピッチ問題は自分の耳が信用置けないので気にしなければいいんですけど・・・やはり気になりますねー。フレットの押さえる位置もかなり影響があるのですよね。この点はものすごく自信が無いのでまずはここから気をつけてみようと思います。
まあ弦がすぐ緩んじゃったりする所もウクレレのかわいさかな?

>かわべさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ホームページ拝見しました。本格的かつ親しみやすい素敵なサイトですね。またゆっくりお邪魔したいと思います。
やはり上達するためには良い刺激を沢山受けた方がいいですよね。ウクレレを買ってからまだ生演奏を見聞きしていないので、これから時間をつくって生演奏(演奏者)に会いに行きたいと思います。
リズムにアクセントつける、早速実行してみますね。

Posted by: gotanda | 2004.03.24 03:36 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 素振り500回:

« ウクレレ見せる収納 | Main | 頑固な手首への言い訳 »