« September 2004 | Main | April 2005 »

体験レッスンあらし!!

今までコードを好き勝手にかき鳴らして
ソロが弾けなくても全くの自己流でまあ楽しんでいました。
習おう、巧くなろう、という欲があまりなかったのですね。
しかしとうとう基本の大切さに気づく時が来てしまいました。
レッスンを受けに行く!という覚悟はまだないものの
無料・体験レッスンと名のつくところに恐る恐る足を踏み入れるようになり、このことに気づきました。
コードの押さえ方からストロークの際の力の入れ方など、
自己流の癖がついてしまっているようで、コードCを押さえるという事をひとつとっても、指摘された点を気をつけてみるだけで楽に弾けるようになりました。
きれいに押さえる事ができるようになると次の動作が格段に楽になる進行が多いのですね。
実感、やはり基本は大事でした。
大人なんだからもっと早い段階で気づけばいいものを〜。

これからも多少の図々しさをもちつつ体験レッスン等に顔を出して行こうかな、そう思いました。
習いに行く、というと構えてしまいますが体験レッスンならば気が楽なのです。そのうち自分の中で習いたい欲が高まってきたら定期的にレッスンを受けようかとも思います。
しかし引っ込み思案の今はまだ様子見で。

色々なウクレレ教室や楽器店で無料・体験レッスンを行っていますね。見学も含めればほとんどの教室が無料体験できるといってよいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

先生!増えてます!!

コメントで白状した通り、
「KIYOSHIRO UKULELE/ ANDREA」
が気になって仕方がなかったので、思い切って店に入り触らせてもらえないかと頼んでみることにしました。
店内に客は無し。ああ緊張した!
スタッフさんが快く対応していただいたので調子に乗り、
さんざん弾いたあげく色々と質問を浴びせかけ、そして手ぶらで帰る困った客。それは私です。

そして次の機会にそのお店の前を通りかかった時、ショースペースに異変が!!
忌野清志郎モデルの別バージョンのウクレレが増えている!
それはフライングV型のコンサートタイプのウクレレ
「KIYOSHIRO UKULELE / Flying Cameron」(画像なし)
これも前面がイラストで埋まり、しかもウクレレながらにしてフライングV型。

godフライングVといえば・・・こんなイメージ?





ウクレレ一般の、のほほんイメージは軽〜くにぶっ飛ばされていました。
こちらも限定物なのに何故今になって出現したのだろう?
しつこい客=私のせいだろうか。(これって自意識過剰が激しい?)

当然こちらのタイプもきっちり触らせてもらいましたよ。
フライングV型を小脇に抱えるのは難しいのではと思っていましたが、Vの凹み部分に肘をひっかけることができて意外にも安定した姿勢を保って弾くことができるとわかりました。
こちらはコンサートタイプでボディも大きめなのでとても落ち着いていて少し大きめの音色がしました。

まだまだお店の前の道を通う日々が続きそうです。
それより練習ですね。ハイ。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

楽器店をのぞきこむ

用事があって一週間に何度か通る道があります。
その道に面してギターのリペアや販売、メーカーのショースペースを兼ねている工房?があるのですが、
最近その店が気になって気になって仕方が無いのです。
おかげで私の心は大きく乱れています。
理由はショースペースに「KIYOSHIRO UKULELE」が突如出現したからにほかなりません。
これはフジゲン製のPupukeaというシリーズのウクレレをベースにしたバイナップル型のウクレレで、ボディ前面にびっしりと忌野清志郎さん作のイラストが描かれており、
ヘッドはこの通り彼の自画像イラストといった具合のド派手な逸品なのです。↓

andrea


ヘッドの形にハマりすぎてる!
「KYOSHIRO UKULELE/ ANDREA」
フジゲン製ププケアベース



このモデルは限定1000本リリースで、発売されてから4年は経っている事を本などで読んでいたので、まさか現物を拝めるとは思っていませんでした。
そのせいか出会いを感じて、このウクレレに心を奪われてしまったわけです。
その店の前を通る時、胸はドキドキして目が離せなくなり
店の外からじっと眺めてしまうようになってしまいました。
楽器店のショーウィンドウにあるトランペットを熱いまなざしで見つめる子供のエピソード、あんな感じなのです。

まあ、いくら見つめていたところで誰が買ってくれるわけではないし、ろくすっぽ弾けもしないのにウクレレ2本も持つのも気がひけるので、毎回窓越しにまだ売れていないことを確認する日々です。売れてしまったらがっかりだろうけど、何故売れないんだろ?とも思います。限定ものですよ!?
複雑な思いでいっぱいです。

ウクレレの一般的なイメージ
「ナチュラル、アコースティック、味のある木目、質感」とはおよそ無縁なデザインなので、ばか売れする商品だとは思いませんけどね。

shop










こんな感じで飾られてます・・って画像が悪いですね。

ああ、しばらく通る度にドキドキしそうです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

究極の眠れるCD

sleep

不眠症、プチ不眠に悩まされていませんか?
「Yes I am.」




そんなわけで、
目下、音楽を聴く動機はリラックスしたいという気持ち。
ひたすら刺激を求めていた頃が懐かしい・・のはさておき。

そんなわけで、
今まで聴いてみた事が無い「ヒーリング」物に興味が湧き
このCDを聴いてみました。
レーベルの中でもメンタル・フィジック・シリーズだそうで

『〜心理的、医療的観点からの研究データや検証を取り
入れて制作されたセラビー・ミュージック〜』
(Della社総合カタログより引用)

なのだそう。一般モニターの試聴後の集計データでは
入眠に良いという回答が85%だったそうです。究極!?
ほ、本当に?? し、信じていいですか??

ヒーリングと言われるものではどうもオルゴール音ものが
苦手だった私もこれならば大丈夫かと思い、購入。
スリープタイマーをセットし布団の中で聴いてみました。
内容は波の音など自然音と穏やかなメロディーが断続的に流れ、音楽というより効果音に近いなという感想を持ちました。
それで不眠に聴くかどうか、というと
少なくとも自分には合っていたようです。
どうやら途中で眠りに入っているらしく、
まだCDを最後まで聴いた事がないのです。
もちろん、これは音楽のみの結果ではありませんが、
静けさの中であれこれ悶々と悩む恐れが軽減したのと、
気分を高揚させてしまうものではない、という点で
自分には効果があったと思います。

最近どうも寝付きが悪いという方に、
小さな声でお薦めしたいCDです。

詳しくは株式会社デラHPへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

登園拒否(だたし大人が)

ああ、幼稚園いかなきゃ・・・

ブログを書くのもやめていれば、
ウクレレに指を一本触れない日々が何ヶ月も続いていました。
あんなにもわくわくしてウクレレの門を叩いたのに、
文字通りの登園拒否。

理由は簡単。音楽が嫌になってしまったのです。
ハワイアンだろうとロックだろうと
耳をふさぎたくなるような心持ちになってしまって、
自分で弾く気力も無く、触りたくもなくなっていました。

今まで自分はリズムとメロディーがあれば
無条件にハッピーになれる人間だと思い込んでいたのに、
気がつけば音楽は癒しどころか苦痛になっていたのです。

驚きでした。

ま、簡単に言えば病気になっちまったんですね。
好きな事が急に好きでなくなり苦痛になり集中力がなくなる。
(唯一の収穫は一生体験できないだろうと思っていた金縛りと
すっごく怖い幻覚を体験する事ができたことくらいですね!)

ただある日、ふとウクレレに触る事ができた日がありました。
実に5ヶ月ぶりくらいではないでしょうか。
すると以前に憶えた曲を指がまだ憶えていてくれていました。
そうしてまたウクレレに触る事ができるようになりました。
今の状態は、上達や新しい技術を憶える気はさらさらなく、
同じ曲を指の運動のつもりでおさらいをしているだけです。
いわば、リハビリ期間と言っていいかもしれない。

まだ通園はできないけれど、
ウクレレは半年放っていても私の側に黙って居てくれました。
これには本当に感謝。
人間じゃそうはいかないでしょう。(笑)

まだまだ幼稚園登園への道のりは遠いように思われます。
チューニングは当然のようにバインバインに狂っていたけど、
そんなウクレレにありがとうを込め超私的な事を書きました。

今日の東京は積雪5センチ以上の雪模様です。

| | Comments (1308) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | April 2005 »