« からっと?じめじめ? | Main | ウクレレでお茶をにごす。 »

チューナー選び、これでいいのだ?

結論から先に書きますと、最新式?のチューナーをつい衝動買いしてしまいました。直接楽器にチューナー本体をクリップではさみ、他の雑音を拾いにくく正確なチューニングができるという代物です。これ、自分にふさわしいんだろうかと考えが買った後でむくむくと頭をもたげてきました。だって、ウクレレどころかクラリネットやトランペットまで問題なし!という説明書がついてくるんですよ。正直自信をなくしてしまうってものです。あと、お値段も少々張りましたし。

つい一ヶ月前まで、ウクレレのチューニングには
ウクレレを買った時、楽器店さんがサービスでつけてくれた、
ピッチパイプを使っていました。
あの、いわゆるウクレレ用の「A/E/G/C」の音のみが出る
笛のことですが、とにかく自分のレベルではこれで十分、と思っていました。なにより、これは笛の音を聴いてそれを自分の耳で記憶し、楽器をそれにより近い音で調節する、という行為がなんだか自分の耳を鍛えているような気分と「わたしゃ、機械には頼らねーぜ。」という間違ったアナログ気質を満たしていたわけです。だって昔はチューナーどころか音叉のみで音を合わせていたって話じゃないですか。

ところが、うっかり立ち寄った楽器店でふらふらしていたのが運のつき。優秀な店員さんに完膚なきまでにその考えをとっぱらわれて口説かれてしまいました。耳で聴いてその音を再現するのは本当に難しいのだということと、直接楽器に装着できることで、外の雑音を拾うこと無く正確なチューニングができる素晴らしさを。でも、私今の所ひきこもりウクレレ人なんですけど・・・。そんな者がこんな素晴らしいものを持っていていいのだろうか?気遅れしつつ、そして電池の減りをきにしつつ毎回チューニングをしています。

でもね、正しいチューニングの繊細さを実感できることと、
正確さへの信頼性はばっちりなので、とても良い物だとは思ってるんですよ。

|

« からっと?じめじめ? | Main | ウクレレでお茶をにごす。 »